【作例】富士のコンデジを持って初秋のスナップ撮影(X100T)

こんにちは

久しぶりにカメラを持ち出してスナップ撮影をしてきました

今回使ったカメラは

富士フィルム(FUJIFILM) X100T

ミラーレスばかり使っていたので久しぶりなコンデジです

「X100シリーズ」の3代目

このカメラを鞄に入れる時

いつもの大きなミラーレスに比べて当然に小さくそして軽い

荷物にならないコンデジはやっぱりいい



今日は9月の10日(日曜日)

誰もいない実家に来て扇風機を回しながら今一人Macのキーボをたたいて久しぶりのフォトブログの更新



9月に入って日中はまだ30度を超える暑さが続いてますが僕が住んでるところは

朝や晩はだいぶ涼しくなりました



もう初秋と言ってもいいくらいの時期ですかね



家のそばの田んぼも稲刈りをされたところもありそんな風景が撮りたくなりカメラを持ち出してみました

持ち出した富士のコンデジ(X100T)

created by Rinker
¥125,000 (2024/05/22 04:39:22時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ(126.5×74.4×52.4mm)

重さ440g

コンデジにしては大きく重いほう

でもこのくらい大きい方が持ちやすく操作もしやすいと僕は思ってます


フィルムカメラのような形状

レンズは開放絞りでF値2.0

センサーは大きくAPSCサイズ



僕好みの形でボケを利かせた写真も撮れる

中古で買った「X100シリーズ」の3代目のモデル

発売されて9年が経つちょっと古いコンデジですがお気に入りのカメラ



さっそく作例いってみましょう

撮った画像はjpeg撮って出しではなく

以前にもこのブログで書いたRAW現像ソフト「Darkroom」で若干色をいじってありますのでご了承ください



まずは今朝撮ってきた稲刈りがされた田んぼ風景

吊るされて乾燥している稲にたわわに実った身が付いてます

今年も豊作のよう ^_^

春に苗を植えて気がつけばもう秋の収穫

あっという間に感じます

月日が経つのはほんとうに早い



もう少し近くに寄って撮影してみました

マクロモードで撮影

マクロモードだと『X100T』は最短撮影距離10cm

このくらい寄れれば十分

いっぱいに実ったお米がじつにいい

この風景を見ると秋だなぁと感じます



田んぼのそばに畑があり脇のテーブルの上に大根が置いてありました

「欲しい方さしあげます」

ちょっと小ぶりのようですが農家さんからのお裾分けみたいです

そんな1枚

以上が今朝撮ったスナップです

引き続いて昨日撮った作例いってみますか

ちょっとバイクで出かけて涼しい山に入っての1枚

この場所はよく来るところ

木を這い上がるツタにピントを合わせて背景の木々をボケさせる

この構図が好きなんです

もう1枚

散歩しながらのスナップ

古びたミニクーパー

以前にも撮らせていただいたのですが、前の時よりボディーの上にはだいぶ埃が・

タイヤも空気が減ってゴムも劣化してるようでした

もう乗ってないような感じ・

でもミニクーパーってお洒落ですよね



最後に僕がツイッターで載せてる画像を何枚か

ここ数日『X100T』で撮ったものです

手元にあるカメラで今僕がやってることをちょっと撮影してツイート

ここでも気軽に撮影できるコンデジの便利さを感じました

撮った写真を見ると・どうしてもレンズの絞りを開放にしちゃうw

柔らかい感じとボケが好きなので( ◠‿◠ )

僕の写真に興味をおもちでしたらツイッターのフォローしてみてくださいね

【Twitter】https://twitter.com/hirosaka33



今回は富士のコンデジ『X100T』を使っての初秋スナップでした

ちょっと前まではミラーレス(X-T4)で撮るのがマイブームでしたが今熱いのはコンデジw

それぞれのカメラにメリット・デメリットがあります

そんなカメラを使って写真を撮るのが楽しいです♪



あ、そういえば昨日フィルムカメラも持ち出して一緒に撮影してきました

ちょうど36枚撮り終えたので現像ができあがったらこのブログで紹介したいと思います

最後まで見ていただきましてありがとうございました

時間がありましたら他の記事もよかったら見てください

ではまた〜(^^)/

目次